ペット・動物・鮫1ページ:SEOTOOLS999|相互リンクSEO-P-Link ver3.5

登録サイト募集中


サイト情報

  • 本ページのGOOGLE PAGERANKは
  • GRATS SEARCH

ペット・動物・鮫:サブページ

カテゴリー

ペット・動物・鮫登録サイト一覧

 このページは、SEOTOOLS999|相互リンクSEO-P-Link ver3.5のペット・動物・鮫カテゴリ(1)ページです。ペット・動物・鮫(1)ページに登録していただきまして誠にありがとうございます。登録サイト様のアクセスアップ・ページランクアップをお祈りしています。

 当サイトでは、登録サイト様リンク設置ページのグーグルページランク(Google PageRank)を参考に、発リンク数が少ない順等・独自の評価方法により掲載順を決めています。

 尚、SEOTOOLS999|相互リンクSEO-P-Link ver3.5は、当サイトの内容若しくは使用にかかわる一切の損害について責任を負うことが出来ません。

この続きはペット・動物・鮫:2ページで表示しています。
この続きはペット・動物・鮫:2ページで表示しています。

 愛玩用家畜として同じく一般的なイヌ(Canislupusfamiliaris)に比して、ネコは飼育開始の時期が遅いが、これは家畜化の経緯の相違による。イヌは狩猟採集民に猟犬や番犬として必要とされ、早くから人の社会に組み込まれたが、ネコは、農耕の開始に伴い鼠害(ネズミの害)が深刻にならない限り有用性がなく、むしろ狩猟者としては競合相手ですらあった。その競合的捕食動物が人のパートナーとなり得たのは、穀物という「一定期間の保管を要する食害を受けやすい財産」を人類が保有するようになり、財産の番人としてのネコの役割が登場したことによる。また、伝染病を媒介する鼠を駆除することは、結果的に疫病の予防にもなった。さらに、記録媒体として紙など食害されやすい材料が現れると、これを守ることも期待された。日本へは、穀物倉庫の番人として渡来したと考えられている。「ネコ」出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』( 2012年12月20日 (木) 10:09 )

このページの先頭へ